税理士 岡崎市/岡崎市の税理士・公認会計士【木村元泰会計事務所】法人の方の節税のご相談は岡崎市の税理士木村元泰会計事務所まで。

岡崎市の税理士/岡崎市の木村元泰税理士事務所
木村元泰…税理士登録、公認会計士登録
〒444-2137
愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
CONTENTS
岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所トップ 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所サービス案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所料金表 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所事務所案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所所長のこと 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所お問い合わせ

木村元泰会計事務所TOP > 節税対策 法人の方 > 修繕費の節税対策

節税対策・・・法人の方【修繕費】



修繕費
 固定資産の修理・修繕のための支出には、資本的支出として固定資産の取得原価に加えられるものと、修繕費として損金に算入されるものがあります。資本的支出とは、その固定資産の使用可能期間を延長させたり、価値を増加させたりする支出のことをいいます。修繕費とは、その固定資産の現状を回復し、維持するために支出する費用のことをいいます。
 固定資産の修理・修繕のための支出が資本的支出に該当するか、修繕費に該当するかは下記に従い判断します。

①20万円未満の支出か⇒(YES)修繕費(NO)資本的支出
②3年以内の周期で支出する費用か⇒(YES)修繕費(NO)資本的支出
③明らかに資本的支出か⇒(YES)資本的支出(NO)④へ
④明らかに修繕費か⇒(YES)修繕費(NO)⑤へ
⑤60万円未満の支出か⇒(YES)修繕費(NO)資本的支出
⑥取得価額の10%以下の支出か⇒(YES)修繕費(NO)資本的支出

 固定資産の修理・修繕のための支出は、資本的支出に該当するものであっても、①20万円未満の支出、②3年以内の周期に該当するものは修繕費として損金に算入することができます。資本的支出か修繕費か判断のつかないものは、⑤60万円未満の支出、⑥取得価額の10%以下の支出に該当すれば、修繕費として損金に算入することができます。
 上記の区分にあてはまるように固定資産の修理・修繕のための支出を行うことにより、修繕費としてその年度の損金に支出額の全額を算入することができ、節税効果を得ることができます。
 

節税対策・・・法人の方 メニュー
税理士 岡崎市/岡崎市の税理士、公認会計士【木村元泰会計事務所】は税理士顧問など企業運営に関して全力で味方になります
〒444-2137 愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
木村元泰…資格/税理士、公認会計士
登録/税理士登録(第312635号)、公認会計士登録(第21635号)
愛知県 岡崎市 税理士 会計士 税理士顧問 節税 経営計画書作成 会社設立支援 確定申告 記帳代行 経営コンサルティング
Copyright (C) 2009-2017 Kimura motoyasu accountant office. All rights reserved.