税理士 岡崎市/岡崎市の税理士・公認会計士【木村元泰会計事務所】Q&A ご質問は岡崎市の税理士木村元泰会計事務所まで。

岡崎市の税理士/岡崎市の木村元泰税理士事務所
木村元泰…税理士登録、公認会計士登録
〒444-2137
愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
CONTENTS
岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所トップ 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所サービス案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所料金表 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所事務所案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所所長のこと 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所お問い合わせ

木村元泰会計事務所TOP > Q&A > Q3.5 サラリーマンで副業を行っている場合、確定申告は必要でしょうか。

Q&A

Q3.5 サラリーマンで副業を行っている場合、確定申告は必要でしょうか。

A3.5 サラリーマンで副業を行っている場合、副業の所得が20万円を超えると、確定申告が必要になります。副業の収入は雑所得として取り扱われ、所得金額は収入金額から必要経費を差し引いて計算されます。必要経費を漏れなく計上することにより、節税を行うことができます。 また、副業の所得が20万円未満でも確定申告をした方がメリットがある場合があります。

例えば、原稿料収入をもらう際、源泉徴収された金額がある場合、確定申告を行うと源泉徴収の一部が還付される場合があります。

還付される場合は、確定申告を行って、税金を取り戻しましょう。

事務所のこと

Q1.1 ホームページを見て相談したいのですが、有料でしょうか。

Q1.2 顧問料はどのように決められるのでしょうか。

Q1.3 顧問料をなるべく安くできないでしょうか。

Q1.4 どのくらいの頻度で訪問していただけるのでしょうか。

Q1.5 税金をなるべく安くしたいのですが。

法人税関連

Q2.1 役員報酬を増額したいのですが。

Q2.2 社員旅行の費用は福利厚生費になりますか。

Q2.3 忘年会等の費用は福利厚生費になりますか。

Q2.4 子会社に貸付けを行う場合、利率はどのようにしたらいいでしょうか。

所得税関連

Q3.1 確定申告の期限はいつまででしょうか。

Q3.2 電子申告のメリットとは。

Q3.3 妻がパートで働いていますが、配偶者控除は受けられるでしょうか。

Q3.4 医療費が10万円以下でも医療費控除が受けられるでしょうか。

Q3.5 サラリーマンで副業を行っている場合、確定申告は必要でしょうか。

会社設立関連

Q4.1 会社設立時の費用はどのくらいかかるでしょうか。

Q4.2 事業を始めようと思うのですが、会社を設立した方がいいでしょうか。

税理士 岡崎市/岡崎市の税理士、公認会計士【木村元泰会計事務所】は税理士顧問など企業運営に関して全力で味方になります
〒444-2137 愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
木村元泰…資格/税理士、公認会計士
登録/税理士登録(第312635号)、公認会計士登録(第21635号)
愛知県 岡崎市 税理士 会計士 税理士顧問 節税 経営計画書作成 会社設立支援 確定申告 記帳代行 経営コンサルティング
Copyright (C) 2009-2017 Kimura motoyasu accountant office. All rights reserved.