税理士 岡崎市/岡崎市の税理士・公認会計士【木村元泰会計事務所】所長の日記/税務や会計その他プライベートをおりまぜながら…

岡崎市の税理士/岡崎市の木村元泰税理士事務所
木村元泰…税理士登録、公認会計士登録
〒444-2137
愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
CONTENTS
岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所トップ 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所サービス案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所料金表 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所事務所案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所所長のこと 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所お問い合わせ

木村元泰会計事務所TOP > 所長のこと > IFRSの強制適用の延期

所長のこと ・・・税理士/木村元泰
2011.06.22

IFRSの強制適用の延期

金融庁よりIFRSの強制適用の延期が発表されました。

日本において、IFRSの導入は金融庁が2009年6月に公表したロードマップ案により、2012年を目処に適用の時期を決定するとされていました。早ければ2015年3月期の決算より、上場企業に対してIFRSが強制適用されると言われていました。

ところが、米国はIFRSの適用を2011年に判断する予定でしたが、IFRSの強制適用に慎重な姿勢を見せ、今年の5月に「5~7年」かけてIFRSを導入すると予定を変更しました。

米国がIFRSの導入を遅らせたことにより、日本の大手企業や経済界からもIFRSの強制適用を遅らせるべきとの意見がでてきました。そこで、金融庁は2012年に適用を決定してからの移行期間を、当初の「3年」から「5~7年」かけて判断すると方針を変更しました。これにより、IFRSの強制適用は早くて2017年以降に延期されることになりました。

この方針を変更した理由は、東日本大震災で打撃をうけた産業界への配慮とIFRSの適用に慎重な姿勢を見せた米国を注視するためです。

IFRSの導入には多大なコストと労力がかかるため、適用が延期されたことにより上場企業の負担は軽減されます。

今後は、全上場企業に一律にIFRSを適用するか協議される予定であり、今後の動向にも注目していく必要があります。

税理士 岡崎市/岡崎市の税理士、公認会計士【木村元泰会計事務所】は税理士顧問など企業運営に関して全力で味方になります
〒444-2137 愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
木村元泰…資格/税理士、公認会計士
登録/税理士登録(第312635号)、公認会計士登録(第21635号)
愛知県 岡崎市 税理士 会計士 税理士顧問 節税 経営計画書作成 会社設立支援 確定申告 記帳代行 経営コンサルティング
Copyright (C) 2009-2017 Kimura motoyasu accountant office. All rights reserved.