税理士 岡崎市/岡崎市の税理士・公認会計士【木村元泰会計事務所】会社法のご相談は岡崎市の税理士木村元泰会計事務所まで。

岡崎市の税理士/岡崎市の木村元泰税理士事務所
木村元泰…税理士登録、公認会計士登録
〒444-2137
愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
CONTENTS
岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所トップ 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所サービス案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所料金表 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所事務所案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所所長のこと 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所お問い合わせ

木村元泰会計事務所TOP > 会社法 > 剰余金の配当

会社法・・・剰余金の配当

剰余金の配当

 株式会社はいつでも株主総会の決議によって、剰余金の配当を行うことができます(会社法453条)。 剰余金の配当を行う時は、その都度株主総会の決議によって下記の事項を定めなければいけません(会社法454条)。

①配当財産の種類及び帳簿価額の総額

②株主に対する配当財産の割り当てに関する事項

③剰余金の配当が効力を生ずる日

中間配当

 取締役会設置会社は、定款で定めることにより取締役会の決議により中間配当を行うことができます(会社法454条5項)。

取締役会決議による剰余金の配当

 会計監査人を設置し、かつ取締役の任期をその選任後1年以内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結の時までとする取締役会を設置している株式会社は、定款で剰余金の配当を取締役会の決議をもって決定することができる旨を定めることができます(会社法459条)。

 上記の定款の定めがある株式会社においては、定款で上記により取締役会の決議で決定できる事項を株主総会の決議によって決定できない旨を定めることができます(会社法460条)。

会社法 メニュー
株式
税理士 岡崎市/岡崎市の税理士、公認会計士【木村元泰会計事務所】は税理士顧問など企業運営に関して全力で味方になります
〒444-2137 愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
木村元泰…資格/税理士、公認会計士
登録/税理士登録(第312635号)、公認会計士登録(第21635号)
愛知県 岡崎市 税理士 会計士 税理士顧問 節税 経営計画書作成 会社設立支援 確定申告 記帳代行 経営コンサルティング
Copyright (C) 2009-2017 Kimura motoyasu accountant office. All rights reserved.