税理士 岡崎市/岡崎市の税理士・公認会計士【木村元泰会計事務所】会社法のご相談は岡崎市の税理士木村元泰会計事務所まで。

岡崎市の税理士/岡崎市の木村元泰税理士事務所
木村元泰…税理士登録、公認会計士登録
〒444-2137
愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
CONTENTS
岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所トップ 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所サービス案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所料金表 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所事務所案内 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所所長のこと 岡崎市の税理士/岡崎市の木村税理士事務所お問い合わせ

木村元泰会計事務所TOP > 会社法 > 会社の設立

会社法・・・会社の設立

資本金

 旧商法では株式会社の設立要件として、最低1,000万円の資本金があることが必要でした。

 会社法では、最低資本金制度が廃止され、資本金1円でも株式会社をつくることが可能になりました。

発行可能株式総数

 会社が発行することのできる株式の総数(発行可能株式総数)は、定款で定めがない場合には、株式会社の設立までに発起人全員の同意で定款を変更し、発行可能株式総数の定めを定款に記載しなければなりません(会社法37条1項、2項)。

 定款で発行可能株式総数の定めがあった場合でも、株式会社の設立時までなら発起人全員の同意によって、発行可能株式総数についての定款の定めを変更することができます(会社法37条3項)。

会社設立の種類

 会社設立の種類には発起設立と募集設立があります。発起設立は株式会社設立時の発行株式の全部を発起人が引き受ける方法です(会社法25条1項)。募集設立は発起人が会社設立時の発行株式の一部を引き受け、残りを会社設立時の発行株式を引き受けるものを募集する方法です(会社法25条2項)。

 発起設立の方が会社の設立手続としては簡便な方法です。多くの中小企業は発起設立により株式会社を設立しています。

 会社の設立手続の詳細については、会社設立をお考えの方をご覧ください。

会社法 メニュー
株式
税理士 岡崎市/岡崎市の税理士、公認会計士【木村元泰会計事務所】は税理士顧問など企業運営に関して全力で味方になります
〒444-2137 愛知県岡崎市薮田2丁目11番地10
TEL:0564-83-6310 FAX:0564-83-6311
木村元泰…資格/税理士、公認会計士
登録/税理士登録(第312635号)、公認会計士登録(第21635号)
愛知県 岡崎市 税理士 会計士 税理士顧問 節税 経営計画書作成 会社設立支援 確定申告 記帳代行 経営コンサルティング
Copyright (C) 2009-2017 Kimura motoyasu accountant office. All rights reserved.